キリトルセカイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリトルセカイ

カメラ・写真・旅について色々書いています

購入前に知っておきたいマイクロフォーサーズのデメリットとは??

 
今回はマイクロフォーサーズ機のデメリットについて書きたいと思います。
マイクロフォーサーズのメリット・デメリットをしっかり知って自分に合ったカメラを選んでもらえたらと思います!
マイクロフォーサーズのメリットに関しては別の記事で書いていますので参考にしてください。
 

 

コントラストAFのみだとAFスピードが遅い

オートフォーカス(AF)にはコントラストAF位相差AFがあります。
小型軽量化にはコントラストAFが向いているため、多くのミラーレス一眼ではコントラストAFが採用されています。

 

僕の使用しているOLYMPUS EM5 markIIもコントラストAFが採用されています。
コントラストAFはそのピントを合わせる方法上、位相差AFに比べると若干ピントが合うのに時間がかかってしまうという特徴があります。
このため撮影目的が鳥などの素早く動くものの場合、少し難しいこともあるかもしれません。
またコントラストAFは明暗差を判断してピントを合わせるため、暗いところではレンズが前後に動いて、ピントを迷うことがあります。
OLYMPUSから新発売のEM1 mark2のようにマイクロフォーサーズ機の中にも位相差AFとコントラストAFの両方を搭載しているものもあります。
 
動く被写体の撮影をメインにやりたいと思っている場合にはEM1 mark2のような位相差AFも搭載しているもののほうがいいと思います。 
OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

 

 

 

画質はフルサイズが一番

撮像素子の大きさはそのまま画質に影響します。

これはもうどうしようもない事実です。

そのため最新機種のフルサイズとマイクロフォーサーズを比べると、撮像素子が大きいフルサイズがやはり一番画質の点では良いです。

また撮像素子が大きい方が細かく色を表現できるため色調が豊かです。

しかし画質は撮像素子だけで決まるものではなく、レンズや画像処理エンジンなど他の要因も関わってきます。    

 

 

電子ビューファインダーでレスポンスが若干遅い

ミラーがある一眼レフはレンズから入ってきた光をミラーで反射させているのでファインダーを覗いたときにタイムラグはもちろんありません。
しかしミラーレスにはミラーがないためファインダーの映像は撮像素子に写ったものを表示しています。
そのためにミラーレス一眼ではファインダーに映像が表示されるのに若干のタイムラグが生じます。
 
しかし現在この技術はとても進化しており、僕の使っているEM5 mark2では0.01秒の誤差です。
ですので個人的にはほとんど違和感を感じません。
個人差があると思いますので実機を触って確認してみてください。
 
 

バッテリーの消耗が早い

ファインダーも電子ビューなので電池を消耗します。
そのため一眼レフに比べると電池の消耗が早いです。
公式仕様では、ミラーレス(OLYMPUS)の撮影可能枚数が750枚程度なのに対して、
一眼レフ(Canon)の場合1390枚撮影できます。
 
 
このため長時間撮影の場合は予備のバッテリーが必要になってきます。
 
電子ビューを使わずに液晶表示にしているとさらに電池の消耗は早くなってしまうので注意が必要です。
 

レンズ交換時などに撮像素子が汚れやすい

一眼レフには画像素子の前にミラーがありますが、ミラーレスの場合レンズを外すと直に画像素子が見えます。
つまりホコリなどの汚れに対してより敏感です。
撮像素子にホコリなどのゴミが付着すると、写真全てにそのゴミが写り込んでしまい、せっかくの写真が台無しになってしまいます。
このためレンズ交換の際にはより注意が必要です。
 
 

高感度耐性が劣る

撮像素子が小さい分、感度を上げるとノイズが多くなり画像が劣化してしまいます。
夜間撮影ではノイズが気になることがあるかもしれません。    
 
 

被写界深度が深い

これはメリットでもありデメリットでもあります。
背景のボケた写真を撮りたい場合にはマイクロフォーサーズではピントの合う範囲 (被写界深度)が深いので、フルサイズと比較すると同じF値でもボケの量が変わってきます。
しかし、風景写真など全面にしっかりとピントをあわせた写真が撮りたいときなんかには被写界深度が深いということはメリットになります。
 
 
 
 
今回マイクロフォーサーズのデメリットを紹介しました。
いかがだったでしょうか?
やっぱりフルサイズのほうがいいと感じましたか?
それはそれでもちろんいいと思います!
何を重視するかは自分の撮りたいもの、撮影シーンによって変わってくるものです。
画質のことだけを考えるとやはりフルサイズが一番になってしまうのかなと思います。
ただ、SNSにアップするだけならそこまでの画質が必要ないと思います。
逆にかなり大きなサイズで写真を印刷する場合があるのであれば差が出てしまうかもしれません。
撮ったあとの写真の使い道も想像することが大事ですね。
まあこれは実際に使い始めてみないとわからない部分かとは思いますが........
何を重視するか、自分の写真の使用目的は何か?をよく考えて楽しいカメラライフを送って下さい!
この記事が少しでもお役に立てばうれしいです。
 
 
 
このブログは今何位??
いつも応援ありがとうございます。


人気ブログランキング