キリトルセカイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリトルセカイ

カメラ・写真・旅について色々書いています

インドネシア・カリマンタン島のスナップ写真!

先日、仕事の都合でインドネシアのカリマンタン島へ行ってきました。

 

 

 

僕が行ったのはカリマンタン島の中カリマンタンの方です。

 

 

 

 

カリマンタンはスラバヤとは違ってまだまだ田舎の雰囲気がありました。

インドネシアの大都市にはコンビニやスーパーがたくさんあるんですが、カリマンタンでは全然見かけませんでした。

代わりにこんな感じの個人商店がたくさんありました。

 

 

子どもたちが元気だとこっちも元気になりますね。

 

 

 

 

 

ビルとか高い建物がないと、空の広さを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらガソリンです。

田舎の方に行くとガソリンスタンドがなくこんな感じで個人で販売していました。

あんまり品質よくなさそう....

それにかなり危険だと感じました......

 

 

 

 

 

 

船を使って川の対岸へ渡りました。

 

 

 

 

 

インドネシアの川はどこもかなり汚いです.....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地域はドリアンが名産でドリアンのオブジェがありました。

 

 

 

このブログは今何位??

いつも応援ありがとうございます。 


人気ブログランキング

マイクロフォーサーズ用望遠レンズを一挙紹介!おすすめはこれ!

今回はマイクロフォーサーズ用の望遠レンズを紹介します。

望遠レンズを使えば、野鳥やスポーツ、動物などの撮影ができますよ。

 

マイクロフォーサーズ用望遠レンズ

望遠ズーム

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

F2.8通しの大口径望遠ズームレンズです。

明るいレンズながら軽量・コンパクトです。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

10.7倍の高倍率ズームレンズです。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

300mm (35mm換算で600mm)の超望遠ズームレンズです。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

高倍率のズームレンズです。

広角から望遠までF4.0通しで明るいレンズです。

また、このレンズはレンズ内手ぶれ補正を搭載しています。

 

LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8II/POWER O.I.S

PanasonicのF2.8通しの望遠ズームレンズです。

オリンパスのF2.8通しの望遠ズーム45-150mm F2.8より画角は狭いですが、360グラムと軽量の望遠ズームレンズになっています。

Lumixの新しい手ブレ補正機構「Dual I.S.2」にも対応しています。

 

LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.

 

LUMIX G VARIO 45-150mm / F4.0-5.6 ASPH. /MEGA O.I.S.

 

LUMIX G VARIO 45-200mm / F4.0-5.6 II /POWER O.I.S.

バージョンアップしてパナソニックの新手ぶれ補正Dual I.S.2にも対応しました。

 

LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 II / POWER O.I.S.

レンズ内手ブレ補正機能で超望遠レンズながら手持ち撮影が可能です。

新しくなりDual I.S.2に対応しました。

 

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. /POWER O.I.S.

マイクロフォーサーズ規格のレンズの中で最も望遠なレンズです。

400mm (35mm換算 800mm)の超望遠ながら1kgをきる軽さです!

 

 

単焦点レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

こちらは300mmの単焦点望遠レンズです。

オリンパスの交換レンズで初のレンズ内手ブレ補正機能を搭載しています。

オリンパスのミラーレスと組み合わせることで最大6.5段分の手ぶれ補正性能があります。

この手ぶれ補正のおかげで300mmとかなりの望遠ながら手持ち撮影も可能です。

 

おすすめの望遠レンズは?

万能タイプなら

 

オリンパスの40-150mm F2.8がおすすめです。

僕も実際に使っていますが、やはり明るいレンズはいいですね!

動物園で遠くの動物もアップで撮影できます。

 

ボケもコントロールできますし、シャッタースピードを上げられるのでブレの防止もできます。

またこのレンズはとても写りが良いです。

望遠レンズを1つもちたいのであればこのレンズはきっと満足のできるレンズだと思います。

 

また、このレンズには1.4倍のテレコンバーターがあります。

このテレコンバーターを使用することで最大焦点距離を210mm (35mm換算 420mm)にすることができます。

 

野鳥・スポーツには

野鳥・スポーツ撮影に使いたい場合には40-150mmよりもう少し焦点距離が長いほうがいいと思います。

その場合パナソニックの100-400mmがいいと思います。

超望遠でありながら1kgをきるコンパクトさはかなり魅力的です。

このレンズであれば機動力を損なわずに写真を撮ることができると思います。

 

お手軽な1本を選ぶなら

予算が十分にあるのであれば上の2本のレンズがいいと思います。

しかし、カメラにかけられる予算は人によって様々ですよね。

あまり予算をかけることができない場合には、オリンパスの75-300mm、45-150mm、パナソニックの45-200mmあたりが良いと思います。

望遠側のカバー率を値段を考えるとパナソニックの45-200mmがおすすめです。

 

 

 

このブログは今何位??

いつも応援ありがとうございます。 


人気ブログランキング

【affinity photoの使い方】トリミングの方法

今回はaffinity photoでのトリミングの方法を説明します。

 

題材は下の写真です。

車の中から急いで撮ったので左側に車の影が入ってしまいました。

今回はトリミングをして左側の黒い部分を除きたいと思います。

 

 

 

 

 写真のトリミングをするときには左側にある「切り抜きツール」を使います。

 

 

 

 切り抜きツールを選択すると四隅と各辺に白の四角が表示されます。

これらをドラッグすることでトリミングを行うことができます。

 

 

 

トリミングしたい範囲を決定したら、左上にある「適応」ボタンをクリックします。

 

 

 

 これでトリミングは完成です。

 

 

 

トリミングをして写真から余分なものを除くと写真がスッキリしますね。

 

 

 

このブログは今何位??

いつも応援ありがとうございます。 


人気ブログランキング

絶景!スラバヤでドローン空撮!【写真もあるよ】

今日もドローンをもって空撮に出かけてきました。

ドローンがあると外に出かけるのが楽しいです!

 

ドローン空撮

今回は街中での撮影でした。

スラバヤ市内の記念碑が立っているところで空撮してみました。

ココは広場になっています。

  

この映像には音楽をつけてみました。

映像だけだと少しさみしいですからね。

 

また、今回は被写体をぐるりと一周する撮影に挑戦してみました。

これがかなり難しかったです。

被写体が画面の真ん中にくるように送信機の画面を確認しつつ、ドローン本体の方も目視で確認しなければなりません。

 

送信機とドローンをいったりきたりで確認していました。

被写体を真ん中において一周周るには送信機の両方のスティックを同時に操作しなければいけません。

しかもいい具合に動かさないとなめらかにならなくて映像がカクカクしてしまいます。

 

一応撮ってみたので是非見て下さい。

 

初めてにしてはそれなりに上手く行ったんじゃないかと思っています。笑

ただ回転していく内にどんどん被写体から離れていってしまいました。

おそらく左右のスティックの動かす加減の問題だと思います。

今後練習していきたいです。

 

今回も空撮ならではの映像が撮れたと思います。

空撮楽しいです!

 

 

もちろん写真も!

ドローンだけじゃなくてミラーレスも持っていきました。

 

 

 

 

 

このへんはドローンで撮影したものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログは今何位??

いつも応援ありがとうございます。


人気ブログランキング

ミラーレス一眼・マイクロフォーサーズのメリットとは??

僕は今、オリンパスのマイクロフォーサーズミラーレス一眼「OM-D EM5 markII」を使っています。

今回はマイクロフォーサーズのメリットについて書きたいと思います。

 

僕も今のカメラを選ぶときにとても迷いました。

各カメラのメリット・デメリットをよく知って、ベストなカメラを選んで下さい。

「一眼カメラを買いたいけどどれを選べばいいのかわからない」という方の参考になればうれしいです。

 

本体が小型・軽量

何と言ってもマイクロフォーサーズのメリットは小型軽量という点に尽きると思います。

ミラーレスの名前の通り、カメラ本体にレンズからの光を反射させるミラーがないのでその分小型軽量化が可能になっています。

さらにマイクロフォーサーズはレンズから入ってきた光を電気信号に変える「撮像素子」が小さい分、フルサイズやaps-cのミラーレス一眼よりもさらに小型・軽量化が可能です。

 

持ち歩くことを考えると小型軽量というのはかなりのメリットです。

フルサイズやaps-cでは重量もかなり大きくなるのでいつも持ち歩くのは大変です。

しかし、マイクロフォーサーズであればコンパクトで軽いので持ち歩くストレスも大幅に軽減されます。

実際、僕もマイクロフォーサーズであれば毎日カバンに入れて持ち歩こうという気になりますが、以前使っていたaps-cの一眼は普段は持ち歩いていませんでした。

カメラをいつも持ち歩けるということはそれだけシャッターチャンスが増えますよね。

 

 

レンズが小型・安い

マイクロフォーサーズは本体ももちろんコンパクトなのですが、レンズも小型です。

SONYからフルサイズのミラーレス一眼が発売されていますが、確かに本体はかなりコンパクト・軽量です。

しかし、撮像素子が大きいとレンズの小型化は難しく、レンズ自体は大きく重くなってしまいます。

それなのでトータルとして結構な重さと大きさになってしまします。

一方、マイクロフォーサーズは撮像素子が小さいため、明るいレンズでも小型・軽量化が可能です。

このためマイクロフォーサーズはレンズ、本体のトータルとしてとてもコンパクトになります。

 

また、撮像素子が小さいことで良いレンズを安く作ることが可能です。

このためフルサイズやaps-cに比べて明るくていいレンズを安く購入することができます。

 

電子ビューファインダー

マイクロフォーサーズには本体内部にミラーがないので光学ファインダーがありません。

そのため、撮影する際には電子ビューファインダーもしくは液晶モニターを使用します。

この電子ビューファインダーの良い点は設定項目を瞬時に反映してくれるところです。

どういう意味かというと、例えばホワイトバランスを変更したらその設定が瞬時に電子ビューファインダーで確認できます。

このため自分好みの写真をより簡単に撮ることが出来ます。

 

オリンパス・パナソニックの共通規格

マイクロフォーサーズはオリンパスとパナソニックの共通規格です。

共通規格のメリットはなんといってもレンズの種類が豊富であることです。

オリンパス・パナソニックから様々なズームレンズ、単焦点レンズがはつばいされているので自分の好みにあったレンズを選択することができます。

 

ハウジング

オリンパスには純正の水中ハウジングがあり、水中での撮影用のアクセサリーが充実してます。

その他のメーカーには純正の水中ハウジングがなかったり、あってもかなり高いので、

ダイバーで水中写真をしたいならオリンパスはおすすめです。

 

被写界深度が深い

マイクロフォーサーズはフルサイズやaps-cに比べて被写界深度(ピントの合う範囲)が深いです。

それなので風景写真を撮る場合には絞りをフルサイズほど絞らなくても奥までピントがあった写真を撮ることができます。

これはISOを上げなくてもいいので高画質で風景写真を撮ることが可能です。

 

 

どうですか?

マイクロフォーサーズには様々なメリットがあります。

 

僕が重視したのはコンパクトということとコスト面です。

コンパクトだといつでも持ち歩こうっていう気になりますし、よりシャッターチャンスが増えると思います。

 

それとコスト面はかなり重要です。

僕はカメラに使える予算があまりないので、安くて高性能なレンズを出しているマイクロフォーサーズはかなり魅力的でした。

F2.8通しのズームレンズがオリンパスだと僕でも揃えることができそうだったというのが大きなポイントです。

フルサイズの大三元(F2.8通しのズームレンズ)はめちゃめちゃ高いですしね.....

こういうことを考えて僕はマイクロフォーサーズを選びました。

参考になれば嬉しいです。

 

 

 

このブログは今何位??

いつも応援ありがとうございます。


人気ブログランキング

【インドネシア】スラバヤの朝日をドローンで空撮しました!

 

なぜかわからないんですが、無性に朝日が見たくなりました。

スラバヤは今の時期、日の出時間は大体5時半です。

 

いつも僕は7時くらいに起きるので、インドネシアに来てからまだ朝日を見たことがありませんでした。

と、いうことで早起きして撮影に出かけてきました。

 

今回撮影したのはスラバヤの「Jembatan Suroboyo」というところです。

ここは海上に橋がかかっていて、ドローンの撮影には結構良いところです。

 

インドネシア人には人気のスポットのようで、早朝にもかかわらずかなりの人が来ていました。

朝の時間帯は橋の上は車両通行止めのようでした。

それなので道路上でバトミントンをしたり、ボールを蹴って遊んでいる人たちもいました。

 

 

今回撮影した映像がこちらです。

 

 

水面に反射する光がとてもキレイでした。

 

欲を言えばもう少し雲がない晴れた空ならよかったなーと思いました。

また朝日を見に来たいです。

 

 

 

このブログは今何位??

いつも応援ありがとうございます。


人気ブログランキング

 

 

【インドネシア】マドゥーラ島の石灰岩採掘場 Bukit Kapur Arosbayaに行きました!

僕の住んでいるスラバヤから少し遠出をして、マドゥーラ島に行きました。

マドゥーラ島はジャワ島のすぐ北にある島です。

この島へはスラバヤから橋がかかっているので車で行くことができます。

  

 

今回行ったのは石灰岩の採掘場「Bukit Kapur Arosbaya」はマドゥーラ島の北西部にあります。

「Bukit Kapur」とはインドネシア語で「石灰岩の丘」を意味する言葉です。

 

地形が面白く、最近インドネシア人には人気の観光スポットになっているみたいです。

 

 

 

 

今も石の採掘が行われています。

 

 

 

 

見事に石が切り出されています。

 

 

 

おそらくこの辺も全て石を切り出したんでしょう。

すごいです!

 

 

 

採掘場はかなり広く、迷路のようになっていました。

 

 

 

 

 

途中で雨が降り出してきたので、今回はドローンの出番はありませんでした。

雨がかなり強く降ってきて全部を見て回ることが出来ませんでした。

不完全燃焼です.....

 

リベンジしたいと思います!

 

 

 

このブログは今何位??

いつも応援ありがとうございます。 


人気ブログランキング